news-title

企画展のお知らせ

 

 

企画展のお知らせ

「maquimalo Summer」

水仙の花が咲く頃、ふたりの仕事場にお邪魔しました。 染めの工程を見せて頂き、テーブルを囲んでたくさんお話を伺うなかで、一番心を揺さぶられたのは、生活と仕事があたりまえにつながるおふたりの暮らしでした。

せかせかせず、でも絶え間なく動き続ける働き者の手。 大地にしっかりと立つ足。 夢見つつ植える種。 仕事も暮らしも人との関係も、すべてが自然のリズムの中にあり、大きな流れの中で、意思と行為と結果が輪のようにつながっていました。

Maquimaloの服は、その中で実を結ぶ果実であり花でした。 さて、次の展示はどうしましょうという話になり、自然に心に浮かんだのは、”働く人たちの着るもの”という言葉です。 花を水をあげる人 料理をする人 珈琲を淹れる人 絵を描く人 縫い物をする人 犬の散歩をする人 誰かのお世話をする人 日常の中で心豊かに体が動く、そんな人たちの着る服です。

動きやすいパンツやオーバーオールはもちろん、美しいドレスもエプロンを重ねれば毎日の生活の中で活躍します。 今回は、夏に心地良い藍やアンティークホワイトを中心に、ニュアンスの綺麗なグレーや、美しいダリアの花のような心躍る服が並びます。 ご来場をお待ちしております。

 

企画展 「maquimalo Summer」

展示場所:「Studio Rungta

7/16(金) 〜 8/1(日)      11:00〜18:00    水・木 定休                 ※ 22日(木)祝日は臨時営業いたします。

企画展開催中はできるだけ密をさけるため、入場を制限させて頂く場合があります。ご了承ください。

続きを読む

企画展開催期間の変更のお知らせ

 

 

 

企画展開催期間の変更のお知らせ

 

開催中の「郡司製陶所 草花のうつわ」は本日3日目。
初日、2日目とたくさんの方にお越し頂きありがとうございます。

今回は、いつもの食卓のうつわではなく、花を活けるための花器だけをご紹介する展示です。
うつわはだれもが日々使うものですが、花器は花を活けるためにつかうもの。誰もが使うものではありません。

郡司製陶所としても花器だけの展示ははじめてで、
梅雨で足元の悪い季節でもあり、私たちは、正直かなり静かな展示になることも予想しながら、万が一にそなえ、うつわと花で会場をふたつに分け、開催期間を長く設け、作品もたくさん用意して開催することにしました。

しかし、今現在の時点でも、私たちの想像を超えて関心をお寄せ頂けたことがわかりました。

そのため、開催期間を
6/25→7/4までの8日間に変更し、それ以降は通常営業の中でのご紹介とさせて頂きます。(水&木は定休です)

急に予定を変更することなり、大変申し訳ありません。

とは言え、今現在でも、小さな花瓶から大きな壺まで、40点以上ご予約がついていないものがあります。

私たち自身もスタッフも、もしも企画展後までご予約がつかなければ、ぜひお迎えしたいなと思っているものがたくさんあります。
当初の予定の15日間の開催には数が足りないと判断しただけで、まだまだ十分見応えがあります。ぜひ引き続きご来場くださいませ。

🌿那須の池田さんのお花は、本日、追加の草花が届きます。
入荷の時点で投稿しますので、到着をお待ちくださっているお客さまは本日後ほどのお知らせをお待ちください。

至らぬことばかりで申し訳ありませんが、作り手も生産者も私たちも驚きながら本当にありがたく思っています。
自分たちだけの興味や関心かもしれないと思っていたことが全然そうではなかったことに、不思議な驚きを覚えながらも明るい気持ちになっています。

誰に見せるでもないものに気持ちが向き、草花のように消えていくものにさえ心を寄せていく人が多い世界は、そうでない世界よりも、小さく、でも確実に健やかな世界のように思うからです。

それなりに長くお店に立っていながら全く予想ができなかったことは情けない限りですが、私たちの心が無意識の中で少しずつ変わっているような現れのような気もしています。

このことは引き続き考え続けたいと思っていますが、今はただ、申し訳なさと同時に感謝の気持ちで一杯です。

引き続きご来場をお待ちしております。
本当にありがとうございます。

 

郡司製陶所 草木のうつわ

*会期変更*

6/25→7/4(水木定休)

11:00 〜18:00

 

続きを読む

企画展のお知らせ

 

企画展のお知らせ

6/25金より企画展 「郡司製陶所 草花のうつわ」 を開催します。

家で過ごす時間が長くなったいま、暮らしの中で草花と過ごす時間は以前よりも増えたような気がします。 私たち自身、店に飾る花はドライフラワーから生花に変わり、日々草花に助けられているのを感じます。

今回の企画展のテーマは花器。 草花を活けるうつわだけが並ぶ企画展です。 小さな花を一輪飾るための花瓶から、瑞々しい枝ものをたっぷり活けるための大壺まで、さまざまな花器を100点以上ご紹介します。

初日から5日間は、郡司夫妻と私たちの共に親しい友人でもある那須の池田夫妻の農園から季節の草花も届きます。 今まで花を飾ったことがなくても、道端の小さな花を一輪飾るだけでも気持ちが大きく変わります。 構えずいらしてください。

郡司製陶所のうつわは、リニューアル以降は常設でご紹介していますが、企画展は3年ぶりの開催です。 期間も少し長めに予定しました。 みなさま、どうぞお楽しみに!

 

「郡司製陶所 草花のうつわ」

6/25金→7/13火 11→18時

企画展開催中は密をさけるため入場に制限をさせて頂く場合があります。ご了承ください。

展示場所は「Shop Rungta」です。お花の届く期間は「Studio Rungta」もオープンします。

続きを読む

営業のお知らせ

 

Rungtaは現在通常通り営業しております。

店内が混み合うことのないよう、入場制限を設けておりますが、事前のご予約は必要ありません。

どうぞタイミングの良いときにご来店くださいませ。

店主

続きを読む

今後の営業についてのお知らせ

 

☘️今後の営業についてのお知らせ☘️

 

ここ最近のコロナの状況を鑑み、5/12の水曜日からお店を一時的にお休みすることにいたしました。

急な決定となってしまい、ご来店を予定してくださっていたお客さまには本当に申し訳ありません。

営業再開は状況を見守りながらお知らせします。

一日でも早く営業再開のお知らせができることを、心から願っています。

大変ご迷惑をおかけしますが 、どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

展示のお知らせ

 

今週末2/2oより「Shop Rungta」にて、益子を拠点に活動する「SOUP」の器をご紹介します。

 

「SOUP」(@s_o__u_p )は、通常は個人で活動する作り手たちが、それぞれの得意なことを持ち寄り、共同でものづくりをするユニット。

共同作業に適した素材として、シルクスクリーンによる転写紙で絵付けを施した器を作っています。

 

原画、型作り、刷り、貼り、すべての工程を自分たちの手で行うため、現在は手描きよりもはるかに手間をかけて制作しています。

転写紙をパーツのように切り貼りする方法はコラージュ的な要素も大きく、ひとつひとつに自由で軽やかな楽しさがあります。

 

風光る季節、みなさまにご紹介できることがとても嬉しいです。

懐かしくて新しい、ユニークでやわらかな「SOUP」の仕事をどうぞご覧ください。

続きを読む

営業再開のお知らせ

お店の営業を再開いたしました!

営業時間は11:00〜18:00。定休日は水曜日と木曜日です。

年明けよりお店を閉めていましたが、本日からお店を再開します。

色々と考えたのですが、事前予約制はとらず、入場制限をもうけながら営業することにしました。

当面は一人体制での営業を考えていますので、至らない場面も色々あるかもしれません。そんな時は優しい気持ちで片目をつむってもらえたら嬉しいです。

続きを読む
上に戻る